FANDOM


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は引ク押スにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

テンプレート:コンピュータゲーム引ク押ス』(ひくおす)は、任天堂より2011年10月5日に配信開始されたニンテンドー3DS用ゲームソフト。

概要 編集

いたずら小僧のためにヒクオスと呼ばれるブロックの遊具に閉じ込められた子供達を救出するため、相撲取りのマロがゴールを目指すアクションパズルゲーム。

ブロックは引いたり押したりすることができ、Z軸には3段階まで伸ばして足場を作ることが出来る。前面から引く場合、最下段以外は2段階までしか引けないが、側面から送り出したり戻すことも出来、足場があれば3段階まで伸ばすことが出来る。

マロはジャンプで横に1ブロック分飛び越したり、一つ上のブロック(Z軸方向も可)に飛び乗ることが出来る。時間制限は無く、Lボタンで巻き戻しが出来るほか、遊具の前にあるリセットボタンを踏むとブロックがすべて押し込まれた状態に戻すことが出来る。

しかけ 編集

ステージが進むにつれてヒクオスにしかけ(ギミック)が増えていく。

  • マンホール - 同じ色のマンホールにワープ出来る。
  • スイッチ - 同じ色のブロックがすべて押し出される。

ヒクオスをつくる 編集

エディットモードで初期段階で16×16、最大32×32のヒクオスをつくることが出来る。90問まで保存可能。

2011年11月16日のアップデートでつくったヒクオスをQRコードにして配布したり、配布されたQRコードを読み取ってヒクオスを追加できるようになった[1]

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ テンプレート:Reflist

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stub


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません