FANDOM


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はラビ×ラビにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

ラビ×ラビ』は、シルバースタージャパンより配信されているアクションパズルゲームのシリーズ。登場キャラクターの多くは『不思議の国のアリス』をモチーフとしており、主人公のアリスを操り、変なウサギ・リリや仲間キャラの助けを受けながら、トランプ兵やトラップだらけのステージを突破していく。

2010年2月4日に配信開始されたau向け携帯アプリ(BREW)『ラビット★ラビリンス』[1] のグレードアップ移植版として、同年9月1日ニンテンドーDSiウェアアクションパズル ラビ×ラビ』が発売された。

キャラクター 編集

プレイヤーキャラクター 編集

アリス
本作の主人公。不思議な国に迷い込んだ彼女を扉のところまで移動させることが本ゲームの目的である。ジャンプ力が低いが落下速度も遅め。リリの上に乗ることで大ジャンプができる。頭の上にいろんなものを乗せることが出来る。
リリ
アリスよりもジャンプ力が高い。また、自爆してブロックを壊すことも可能。『ラビット★ラビリンス』のときは単に「ウサギ」であったが、『ラビ×ラビ』で名前が付与され、それに伴い設定が一部変更されている。
アリシア
『ラビラビ外伝』における主人公。リリと同じように2段ジャンプが可能。また、デュボアの魔法によってブロックを壊したり、移動したりすることができる。

ステージ中に登場するキャラクター 編集

チェシャ猫(1,2,3,外伝共通)

紫色の猫。普通に通ろうとすると、高いジャンプ力で邪魔してくる。

トランプ兵(1,2,3共通)

ハートの女王につかえている兵士。ただ歩いて壁際でジャンプして往復するタイプと、少し遅く歩いて一定のタイミングで地面を揺らすタイプとがある。どちらもあたれば即ミス。

帽子屋(1,2,3,外伝共通)

アリスの頭の上に乗せたり、上に乗って踏み台にしたりする。外伝に関しては、魔法でブロックに変えることができる。

グリフォン(1,2,3共通)

上下または左右を往復する。上に乗って移動するところへいける。

にせうみがめ(1,2,3共通)

亀と牛を合成させたような生き物。上に乗って針山の上でも移動できるようになる。

カニさん(1,2,3共通)

基本的には水の上を往復させて水が苦手なリリを移動させたりする。

カエルさん(1,2共通)

ジャンプしながら移動する。踏むことによってリリと同じくらいの高いジャンプができる。しかし一度踏むと消えてしまう。

いもむしさん(1,2共通)

少し遅く移動する。初めのうちはただのいもむしだが、一分くらいでさなぎになる。また、さなぎの上に乗って移動できる。

おばけさん(3にだけ登場)

リリとおばけとが重なっても何も起きないが、アリスとおばけとが重なると、アリスが恐怖に怯えて何秒か動かなくなる。

黒いうさぎさん(3にだけ登場)

廃墟にいる、リリを黒くしたようなうさぎ。接触すると即ミスのため避けるしかない。

その他のキャラクター 編集

女王

続編・派生作品 編集

  • アクションパズル ラビ×ラビ えぴそーど2(2011年2月1日、ニンテンドーDSiウェア)
  • ラビラビ外伝 Witch's Cat(2011年6月29日ニンテンドー3DSダウンロードソフト)
  • ラビ×ラビ えぴそーど3(2012年1月11日、ニンテンドー3DSダウンロードソフト)

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ テンプレート:Reflist

外部リンク 編集


テンプレート:Video-game-stub


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。